PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

そろそろFF13について語ろうか

発売してはや2ヶ月。

そろそろ語ってもいいかな。これからプレイする方は

参考までに、プレイ中やプレイ済の方は

「そうだよね~」とか「それは違うんじゃね?」

てな感じで読んでいただければ良いかと思います


さて世界中の注目を浴びる中、満を持して発売された

PS3版「ファイナルファンタジーXIII」

美麗なムービーや素敵な主題歌。そして何より

「FF」というブランドに対する期待感。



ですが世間の反応はどうも穏やかではありませんでした。

まずあがったのが「一本道!一本道!」の声

そして「パルスのファルシのルシ」などなど

ゲーム開始前に設定をきちんと理解していないと

ちんぷんかんぷんな難解な言葉の数々・・・


まず一本道RPGと言われている所以ですが

ストーリーが一本道なのはまだ許せる。

だがマップまでほぼ全て一本道で、町でぶらぶら買い物する事も

できないというのは如何なものでしょう

これは個人的な見解ですけどRPGにおいて、

特にファンタジーの世界での町という存在は

非常に重要なものであると考えます。

モンスターとの激闘をくぐり抜け、やっとたどり着いた

見たことのない町、人々、武器や防具

そしてしばしの休息をとり次の目的地を目指す、

そんな場所であって欲しいというのが自分の中での「町」です。

ところが今作では町は単なるマップの一部に過ぎず

「一本道」なマップも相まって”ステージクリア型”のRPGに

なってしまっている・・・。これは非常に残念です

中盤以降だだっ広い平原に放り出されますが、ここも実は自由は

さほどありません・・・


そしてFFと言えば召還獣ですがこれもキャラ1人につき1体。

逆に愛着もわくかな?なんて思ってもいましたが実際は

ストーリー上の演出のみ重要で、戦闘では完全に”空気”


次に戦闘ですが、瞬時にPTメンバーのロール(ジョブ)を変えて

戦う「オプティマ」というシステムは個人的に買っています

ですがこれにも問題がないわけではなく、キャラごとにいくつかの

適性があり、中盤以降には適性以外のロールも習得できるものの

適性以外のロールを習得していくには桁違いなポイントを要求されるため

結局は決められたロールを習得していかなければならない。


FF13における唯一の寄り道要素、クエストもストーリー性はほぼ無いに等しく

ただ異常に硬い敵を討伐するというもの。もう少しイベントやストーリー性が

欲しかったと思います。腕試しだけに終わっているのが残念


そしてストーリーですがこれも最後の最後まで肝心な存在が明らかにされていない。


と、ここまで読むとネガキャンともとられかねない不満要素満載のレビューですが

これも大作に対する期待の表れであって、魔法などの派手なエフェクトや

これ金かかってんな~って感じの豪華なムービーなど

次世代感は存分に味あわせてもらいました。

ただ、「ファイナルファンタジー」って本当にこれでいいの?って疑問はぬぐえません


流通量もあると思いますが中古が山のように出回り、

ショップでは買取が2.000円ほどに下がっているのも

私のように期待の大きさゆえにがっかりした人が大勢いたのでは

ないでしょうか。


FF13は今後Xbox360で海外版が発売され、PS3ではヴェルサスが控えています。

今のFFはかつて愛したファンタジーとは遠くかけ離れたものになってしまって

いますが、いつかまた本当の「ファイナルファンタジー」がプレイ出来る日を

願ってやみません。


にほんブログ村 ゲームブログへ応援よろしくお願いします^^
関連記事
スポンサーサイト

| ゲームレビュー | 09:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zerofuga0613.blog65.fc2.com/tb.php/6-6f8fbbbd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。