PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

駄作が氾濫する今の日本ゲーム業界について思うこと


「ゲームソフトを作れる技術屋というのはたくさんいます。
しかし、本当に才能の豊かな、経験を持った有能な人は極 めて少ない。
優秀なゲームを作れる人が少ないということは、くだらないゲームなら
作る人が大勢いるということです。そんな人に市場を荒らされたら、
育つも のも潰されてしまう。各メーカーが競争になればなるほど、
どうしても多作に走り、ソフトの種類で勝負しようということになる。
そうなると、似たようなくだ らないゲームソフトが市場に氾濫する。
駄作が多く出回ると、消費者は不快感を持つようになる。
そうなったら、娯楽市場なんてアッという間に崩壊します。」

これは今から20年以上前に当時の任天堂社長、
山内 溥が語った言葉であるが、
今も昔も日本のゲーム業界が抱える問題は変わっていないんだなと
痛切に思い知らされる。業界が成長すればするほど携わる人員も多くなり、
定期的にソフトをリリースしていかなければ会社の存亡すら危うくなる。
その結果そこそこの数字を上げられる「駄作」が氾濫するのだ。
そして過去に数字を上げた看板タイトルの続編で食いつないでいる。
カプコンなら「モンスターハンター」。
コナミなら「ウィニングイレブン」
バンダイなら「ガンダム」
スクエニなら「ドラクエ」・「ファイナルファンタジー」といった具合だ。

現在ゲーム業界では完全新規のタイトルを立ち上げるのは非常に危険な
賭けだと言われている・・・だが本当にそれでいいんだろうか?
そもそもゲームとは「娯楽」である。
娯楽を作っていたはずのソフトメーカーがビジネスとしてしかゲームを
作らなくなってきた時点ですでに本質から崩壊しているのだと思う。
確かに企業である以上数字を求めるのは当たり前なわけで、それを否定する
つもりも全くないが、常に新しい楽しさを開発しひたすらに完成度を高めて
いくことこそがゲーム屋の本質ではないのか。
もしもゲーム関係者がこの記事を読んだなら、口では立派なこと言ったって
実際はそうもいかないと思われるかもしれない。
しかしそう思ったならばもうゲーム屋としては手遅れなのだと思わざるを得ない。

企業が食いつなぐために複数のタイトルを同時開発して短い製作期間で
妥協だらけの駄作を世に氾濫させる。その結果ユーザーの信頼をなくし
売り上げは落ちる一方。ましてや限られた国内という市場で勝負しているから
その負の連鎖がとまらない。

日本の携帯電話はガラパゴスケータイ、通称「ガラケー」などと言われているが
それと同じ事が日本のゲーム業界にも言える。

日本のゲームはマンガやアニメなどを取り入れ独特の進化を遂げてきた。
今まで国内しか視野に入れていなかったゲームクリエイター達は行き詰まり、
まさに今質的転換を迫られている。欧米人がギャルゲーやキャラクターものを
楽しむのか?もっと言えばドラクエを楽しむのか?
確かにそういったものも必要ないわけではない。需要はあるのだから。しかし
楽しむ人がいたとしてもそれはとても少数であり、所詮は日本のマニア向けの
ゲームである。日本だけで受けて、しかもVII,VIII,IXなどと言っている会社は
21世紀のゲーム業界では成長していけない。むしろ衰退の一途を辿るだろう。

良い音楽は国境を越えるというが、私はゲームにもそうあってほしいと願う。
スーパーマリオブラザーズは世界で4,024万本を売り上げ、
「世界一売れたゲーム」としてギネスブックにも登録されている。
25年たった今でも世界で愛され続ける理由は一体何なのか?
私は普遍的な娯楽としての面白さが根底にあるからだと思っている。
だからこそ良い音楽の様にそれは国を超えて愛され、数十年経った今でも
その面白さは色あせずにいるのではないだろうか。

任天堂の素晴らしいところはWiiや3DSしかり、常に新しいものを提供して
製作者の発想を刺激していくと同時に、ゲーム業界自体を活性化させていきたい
という姿勢にあると思っている。ハード屋としてももちろんそうだが、
ソフトメーカーとして考えた場合、事実今世界を舞台にして戦える日本の
ゲーム企業は任天堂だけだろう。任天堂のソフトで開発費何十億なんて
かけているソフトはほとんどない。にも関わらず今100万本売るのが
難しいなんて言われている時代にヒットを続々と出し続けている。
それがゲームという「娯楽」の本質を理解している事を物語っているのでは
ないだろうか。

開発費をハリウッド映画並みにかけて人員も数百人使わなければ大ヒットなんて
生まれないんだ、という考えが一部にはあるようだがそれは「ゲーム」として
は根本的に間違った発想なのだと言いたい。映画に対抗したいのなら
映画をつくっていればいい。

一部のメーカーはもう手遅れかもしれないが、今一度ゲームとは何なのか
メーカーのトップ、及び製作者にはその辺を見つめなおして欲しい。
ゲームとはいわば「おもちゃ」であり、そこに遊び心を刺激する何かが
なければそれは「おもちゃ」ですらないただのガラクタなのだから。

ゲームビジネスで一番不足しているのは、デザイナーでもプログラマーでもなく
実は才能あるディレクター。ゲームで遊んでいる人が心から満足して得心できる
完成度。この完成度を高めるのがディレクターの才能である。

少々酷な言い方かもしれないが、人の才能は有限である。
そのためにも企業は才能の枯れたベテランをいつまでも居座らせておくのではなく、
才能ある人材を積極的に採用し育てていって頂きたい。
製作期間が長くたっていい。完成度が高く長いスパンで売れ続けるソフトを
是非作っていっていただきたい。
そして一時的な赤字には目をつぶり負の連鎖を断ち切って欲しい。
娯楽という分野で日本が海外より突出していたはずの
ゲームが今や海外に押されているというのは正直悲しいことです。
そしてマンガやアニメのように日本がまた世界のゲームの発信地でいられる
ことを一ゲームファンとして願ってやみません。




にほんブログ村 ゲームブログ 携帯用ゲーム機へ←お役に立てましたらクリックにて応援よろしくお願いします^^








関連記事
スポンサーサイト

| ゲームレビュー | 04:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

FUGAさん初めまして。
たまたまこちらの記事が目にとまり書き込みさせて
いただきました。
私はあるメーカーでゲームの制作をさせて頂いているものです。
具体的な名前は出せませんが、当社も概ねFUGAさんがご指摘されて
いるような現状です。予算の縮小、上からの思いつきの仕様変更など
悩みの種は尽きません。今後は仰るとおり国内だけを
視野に入れていたのでは商売として成り立たないところにきています。
そのためにもやはりクオリティを高めていくことが重要ですし
それをまとめ上げるグローバルな視野をもったディレクターが
必要なのも確かですね。
「良い音楽のように」というのはとてもいい表現だと思います。
なかなか私一人でどうこうなる問題でもないですが、
出来る限りユーザーの皆さんが満足していただけるようなゲームを
世に送り出していけたらなと思っています。
良い記事を読ませていただきました、ありがとうございます。

| | 2011/01/16 10:52 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。まさかゲーム関係者の方からコメントを頂けるとは恐縮です(汗)
色々と生意気なことを書いていますが誇張等はないつもりで書いていますので
同意していただけるのはありがたいですが、ゲームファンとしては複雑な心境です。
今が日本のゲーム業界の底力を見せるときだと思いますので、ユーザーが本当に満足のいく完成度の作品が
今後たくさん出てくることを期待しています。
今年はこういった読み物系の記事も増やしていくつもりですので
また機会がありましたら遊びに来てください^^応援しています。

| FUGA | 2011/01/18 06:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://zerofuga0613.blog65.fc2.com/tb.php/88-ddee1d2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。